イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

漱石が上野で聴いた「ハイカラの音楽会」

2017 / 10 / 15 日  2:00 PM

漱石誕生150年記念

漱石が上野で聴いた「ハイカラの音楽会」
~往時のプログラムが甦る~

時は明治45年(西暦1912年)6月9日(日)

東京音楽学校奏楽堂……。

漱石が聴いた管絃樂の響が今日蘇る。

夏目漱石は英国留学から帰国後、西洋のクラシック音楽に強い好奇心を抱くようになります。

彼の手紙と日記、寺田寅彦の日記からは、
漱石が生涯に少なくとも12 回の洋楽コンサートと2 回のオペレッタに出かけたことがわかります。

当時、「上野」は西洋音楽の代名詞、メトニミー(metonymy、換喩)でした。

その上野の奏楽堂で明治45年6月9日に開催された、
お雇い外国人教師A.ユンケル指揮による東京音楽学校オーケストラのコンサートについては、
「ハイカラの会」だったと日記に記しています。

明治天皇崩御の51日前のことです。

ピアノとチェロの外国人教師のソロによる名曲の協奏曲を2曲と、合唱曲も組み込んだ、
気迫に溢れる長大なプログラム構成でした。

本公演は、その再現コンサートです。

現在の商業コンサートの定形とはひと味違う、コンサートをお楽しみください。
会場ロビーには、当日使用されたオリジナル総譜とパート譜、及び関連資料を展示します。

                             総監督 瀧井敬子

東京文化会館 大ホール

全席指定:S席 7,000円 A席 5,000円 B席 4,000円 C席 2,000円

2017年10月15日(日)

13:15 開場
14:00 開演

出演

総監督・企画・監修 瀧井敬子
指揮 山田和樹
管弦楽 横浜シンフォニエッタ
ピアノ 川﨑翔子
チェロ 遠藤真理
合唱 漱石生誕150年記念合唱団(東京混声合唱団&エスパス混声合唱団)
舞台進行 夏目漱石役:大久保光哉

曲目

ウェーバー 歌劇「魔弾の射手」序曲
メンデルスゾーン ピアノ協奏曲 第1番 ト短調 Op.25
モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
シューマン(石倉小三郎訳) 3つの詩 Op.29より 第3曲「流浪の民」
サン=サーンス チェロ協奏曲 第1番 イ短調 Op.33
J.S.バッハ=アーベルト 前奏曲/コラール/フーガ

交通・アクセス

電車で

JR上野駅 公園口改札から徒歩約1分
山手線、京浜東北線、常磐・成田線、常磐線、高崎線、東北本線
東北・北海道新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線

京成上野駅、正面口 改札から徒歩約7分

東京メトロ上野駅7番出口から徒歩約5分

詳細

日付:
2017 / 10 / 15
時間:
2:00 PM

会場

東京文化会館大ホール
〒110-0007 東京都台東区上野公園5−45
電話番号:
03-3828-2111
サイト:
http://www.t-bunka.jp/

主催者

夏目漱石生誕150年記念コンサート実行委員会
電話番号:
ミリオンコンサート協会 TEL.03-3501-5638
サイト:
http://www.millionconcert.co.jp/concert/detail/2017_10/guide/171015souseki.html