パーカッションのルネサンス 22

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第22回 • 音楽にめざめよう 有賀誠 […]

パーカッションのルネサンス 21

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第21回 ・ステップ運動、「のり」こそ […]

パーカッションのルネサンス 19

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第19回 ・全身振動の快感「のり」でプ […]

パーカッションのルネサンス 18

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第18回 ・「赤とんぼ」と「この道」を […]

パーカッションのルネサンス 17

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第17回 ― エピソード あるティンパ […]

パーカッションのルネサンス 16

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第16回 ― Swingしなきゃクラシ […]

パーカッションのルネサンス 15

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第15回 ― Swingしなきゃクラシ […]

パーカッションのルネサンス 14

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第14回 ― Swingしなきゃクラシ […]

パーカッションのルネサンス 13

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第13回 ―「有機的な音階」のはなし: […]

パーカッションのルネサンス 12

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第12回 —エピソード 中国の打楽器ル […]

パーカッションのルネサンス 11

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第11回 -ルー・ハリソンとツトム・ヤ […]

パーカッションのルネサンス 10

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第10回 -アメリカの新しい波/ケージ […]

パーカッションのルネサンス 9

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第9回 — 打楽器のための作品群 有賀 […]

パーカッションのルネサンス 8

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第8回 — ティンパニと20世紀音楽 […]

パーカッションのルネサンス 5

「在る」-そこに「在る」ものが響いている。すべてのものが生きている。活きている。活かされている。  自然とは「おのずとも […]

日常生活のソルフェージュ1

有賀 誠門 私が、なぜこういう考えをするようになったか、そのいきさつをお話しするのがHow toものよりいいと考え、書き […]

パーカッションのルネサンス 4

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第4回 -「Up感覚」のはなし- 有賀 誠門  第9交響曲が登場しました […]

DRUMMINGはあなた次第

有賀 誠門 Aruga Makoto 21世紀の音楽入門 私がオーケストラで演奏活動していた頃、L.バーンスタイン作曲の […]

パーカッションのルネサンス 3

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第3回 有賀 誠門  ヨーロッパでは各王室がそれぞれの軍楽隊を所有してい […]

基本を体感すると・・・

有賀 誠門    パーカッション奏者にとってジョリベといえば、すぐ「打楽器協奏曲」を思い浮べます。この作品は純音楽の書法 […]

パーカッションのルネサンス 2

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第2回 「第2回ルクセンブルク打楽器コンクール パーカッショントリオの巻 […]

「感性で聴く音楽」

 母校を卒業して四十年近くになります。振り返ってみるとその間、政権が変わっていなかった。しかし、世の中は変わりに変わった […]

自然に学ぶ

有賀 誠門  音楽体験の中で気づいたことは、日常生活の運動リズムが無意識に音楽に表現されていることです。  日本は「坐」 […]

上の発想 下の発想に至る経過

有賀 誠門  21歳の時から18年にわたり、ティンパニ演奏を通してオーケストラでの演奏活動をつづけてきたが、今から10年 […]

響く心が・・・

有賀 誠門  2004年3月、ほぼ30年近く、大学という教育現場に通う生活習慣から離れることになりました。そこで、これか […]

この人と ー 対談 ー

 音楽に「無窮動」というのがある。  有賀先生のお話は、まさにそれだった。止まるところを知らずといったら失礼になる。   […]