パーカッションのルネサンス 27

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第27回 • 「ドミナント感覚」を体の […]

パーカッションのルネサンス 26

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第26回 • 上の発想 「呼吸」 有賀 […]

パーカッションのルネサンス 10

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第10回 -アメリカの新しい波/ケージ […]

パーカッションのルネサンス 9

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第9回 — 打楽器のための作品群 有賀 […]

パーカッションのルネサンス 3

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第3回 有賀 誠門  ヨーロッパでは各王室がそれぞれの軍楽隊を所有してい […]

基本を体感すると・・・

有賀 誠門    パーカッション奏者にとってジョリベといえば、すぐ「打楽器協奏曲」を思い浮べます。この作品は純音楽の書法 […]

パーカッションのルネサンス 2

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第2回 「第2回ルクセンブルク打楽器コンクール パーカッショントリオの巻 […]

パーカッションのルネサンス 1

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第1回 有賀 誠門(打楽器奏者)  長年、オーケストラ、室内楽、現代音楽 […]