響く心が・・・

有賀 誠門  2004年3月、ほぼ30年近く、大学という教育現場に通う生活習慣から離れることになりました。そこで、これか […]

この人と ー 対談 ー

 音楽に「無窮動」というのがある。  有賀先生のお話は、まさにそれだった。止まるところを知らずといったら失礼になる。   […]

私の期待すること

有賀 誠門  鋭い洞察力をもったフィリップ・ジョーンズが、5年前、金管楽器によるアンサンブルを編成し2度目に日本を訪れた […]

よりよくありたい

 先日、子とテレビをつけてみると、丁度選抜高校野球選手入場式の練習風景が映されていました。若き彼等の歩く姿のギコチなさ、 […]

「自然」にまなぶ

有賀 誠門   ここ数年、各地でリズム運動の講習会をやってきましたが、体がリズミカルに動かない人、姿勢の悪い人、自分の体 […]

私のひとり言

有賀 誠門  ここ十年、吹奏楽の発展ぶりには目をみはるものがある。ビートルズ以来、ジャズ、オーケストラだけでなく、フォー […]

パーカッションのルネサンス 1

打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育-連載第1回 有賀 誠門(打楽器奏者)  長年、オーケストラ、室内楽、現代音楽 […]

リズムはエネルギーの痕跡

有賀 誠門  長年、ティンパニを通して音楽を続けてくると、ティンパニという「もの」が非常に不思議に思えてくる。何しろ鍋型 […]