パーカッションのルネサンス 27

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第27回 • 「ドミナント感覚」を体の […]

パーカッションのルネサンス 26

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第26回 • 上の発想 「呼吸」 有賀 […]

パーカッションのルネサンス 25

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第25回 • クルツ氏、マタチッチ氏に […]

パーカッションのルネサンス 24

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第24回 • 「なめあげ運動」で「花」 […]

パーカッションのルネサンス 23

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第23回 • 「永遠に1なるものが・・ […]

パーカッションのルネサンス 22

パーカッションのルネサンス 打楽器奏者の目から見た今日の音楽と音楽教育 —— 連載第22回 • 音楽にめざめよう 有賀誠 […]

私の期待すること

有賀 誠門  鋭い洞察力をもったフィリップ・ジョーンズが、5年前、金管楽器によるアンサンブルを編成し2度目に日本を訪れた […]

私のひとり言

有賀 誠門  ここ十年、吹奏楽の発展ぶりには目をみはるものがある。ビートルズ以来、ジャズ、オーケストラだけでなく、フォー […]